東京女子医科大学 東医療センター脳神経外科

メニュー

閉じる

MESSAGEご挨拶

当脳神経外科は都内3次救急患者搬送件数トップクラスを誇る救急医療体制を基盤とした、24時間対応の脳神経外科治療を行っています。特に脳卒中や外傷はできるだけ早い的確な診断と治療が、 命を救うばかりでなく重篤な後遺症を少なくします。これに対応するための十分な体制を整えております。

救急疾患はもちろんのこと、すべての脳神経外科疾患に、豊富な経験を持つスタッフが対応しています。良性脳腫瘍(髄膜腫、下垂体腫瘍、 前庭神経シュワン細胞腫など)では機能温存手術を心がけております。機能性疾患(顔面けいれん、三叉神経痛) の外科治療、脳動脈瘤・頸部頸動脈狭窄症の外科手術・血管内治療も得意分野としております。また、高齢化社会を念頭に、脊椎脊髄外科にも力をいれております。

当科の医師は、脳神経外科疾患に悩む患者さんにやさしく親切に対応します。「患者さんを家族と思って」診療することを徹底しております。関連各科との連携もスムーズです。どのような事でもご相談ください。

東京女子医科大学 東医療センター  脳神経外科教授 糟谷英俊

糟谷英俊

ABOUT診療科のご紹介

診療科の構成

  • 脳神経外科

特徴および特色

  • 脳卒中、頭頚部外傷、脳腫瘍(良性、悪性)、機能的疾患を中心に全ての脳、脊髄に関連する病気の外科治療
  • 患者さんの生活を考えた脳腫瘍の機能温存外科治療
  • 髄膜種・メニンジオーマの治療
  • てんかんの外科治療
  • 24時間対応の医療体制の充実
  • 脳血管内治療、脳内視鏡治療などの最先端医療が随時可能
  • 治療を受けた患者さんへの長期ケアーの充実
  • 経験豊かな9人の脳神経外科専門医を中心としたチーム医療
  • 脊椎脊髄疾患、末梢神経疾患の治療

主な検査項目

  • CTスキャン、MRI、脳血管撮影、
    digital subtraction angiography (DSA)、脳波検査、
    頚動脈超音波検査、術中ナビゲーション、術中モニタリング
    (SEP MEP ABR VEP)など。

主な手術・処置

  • 脳腫瘍治療・経過観察(特に髄膜腫)
  • 脳動脈瘤の治療・経過観察
  • 脳血管障害の治療(くも膜下出血、脳血管攣縮、脳動脈瘤クリッピング、頚部頚動脈狭窄症CEA、脳内血腫除去など)
  • 脳血管内治療(脳動脈瘤コイリング、頚部頚動脈ステントなど)
  • 頭部外傷の治療(頭蓋内血腫除去、脳挫傷や脳浮腫の治療など)
  • 脳機能外科(顔面けいれん、三叉神経痛、舌咽神経痛など)
  • てんかんの外科
  • 脊椎脊髄疾患
  • 末梢神経疾患

TOPICSお知らせ

  • 2019年11月12日

    第38回西尾久ニューロカンファの御案内

    日時:2019年11月21日(木)19:15~
    場所:ホテルベルクラシック東京 8階「ラプソディ」
       豊島区南大塚3-33-6   TEL:03-5950-1381
  • 2019年11月05日

    久保田有一先生が「第6回ふじさんてんかん脳波ハンズオンセミナー」で講師を務めます。

     

  • 2019年11月01日

    第40回東海くも膜下出血研究会(名古屋)で以下の発表を行いました。

    • 大渕英徳先生:重症SAHにおける血圧の重要性
    • 高橋祐一先生:シルビアンヘマトーマ合併症例の治療成績-ニカルジピンペレットの有用性-
  • 2019年10月31日

    糟谷英俊先生、笹原篤先生、久保田有一先生、広田健吾先生、黒井康博先生が、一般社団法人日本脳卒中学会から脳卒中指導医に認定されました。

  • 2019年10月28日

    ケルン大学脳神経外科で糟谷英俊先生は以下の講演を行いました。

    Treatment of aneurysmal subarachnoid hemorrhage in a critical care center in Tokyo